脇の臭い 抑える

脇の臭いを抑えるための3つのお手軽な方法

脇の臭いというのは男女問わず誰しもが気になってしまう問題ですよね。
いくらかっこよくても、いくらかわくても隣に来た時にものすごい臭いを発していたらそれだけでイメージダウンです。

 

臭いの原因というのはいくらでも有りますが、誰しもが発しやすい臭いの1番は脇の臭いかと思います。脇というのは汗をかきやすく蒸れやすい場所でもあるので、雑菌も繁殖しやすく臭いが発生しやすいのです。

 

この脇の臭いを抑えられるかどうかであなたの印象に左右されるといっても過言ではないでしょう。今回はそんな脇の臭いを抑えるためにできる簡単な3つの方法を紹介したいと思います。

 

どうしてそもそも臭いが発生してしまうの?

脇の臭いが発生する原因としては、皮膚にいる菌、常在菌によるものなのですが、この常在菌が汗を分解したときに発する臭いが汗臭さとして感じるのです。

 

脇の下には主にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類が存在しており、エクリン汗腺はほとんど水分で構成されています。一方アポクリン汗腺はタンパク質や脂質、糖質、アンモニアといった様々な物質を含んでいます。
このアポクリン汗腺から出される汗が常在菌と反応することでニオイのもとを作ってしまうのです。

 

そして脇の下は普段閉じているので蒸れやすく湿気が多いためなかなか汗が乾きませんし、臭いを気にすると余計開けませんよね。そのせいでより一層ニオイの元を作ってしまう負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

では、以上を踏まえて本題の簡単に脇の臭いを抑えられる方法を記述します。

 

 

脇の通気性を良くする

 

汗をかいてしまうのはしょうがないので、汗をどれだけ抑えられるかを考えるのがまず利口でしょう。女性であればノースリーブや通気性の良いシャツを着る、男性であれば脇の毛を剃るだけでも格段に違いがわかるでしょう。

 

今では衣類も速乾性素材の物も多く出回っているのでそちらを利用するのもいいかと思います。

 

 

刺激物や動物性食品を避ける

 

脇の汗腺からは、タンパク質や脂肪酸といった臭いの原因となる物質を分泌するため、自身が摂った食事によって分泌量も増減します。お肉ばかり食べている人の臭いがきついのは、アポクリン汗腺からの脂肪酸やタンパク質の分泌が多くなっているからなのです。

 

なので、臭いを抑えるためには過度な刺激物や動物性食品を避けた方がいいでしょう。

 

 

汗をかいたらすぐに拭き取る

 

臭いの原因は汗が分解されることなので、汗をかいたらすぐにタオルやボディシートで拭いてしまえば臭いの原因を絶つことができます。

 

これはなかなか手間ですが、かなりの効果があると思います。今では殺菌成分が配合されているボディシート等も売っていますので、ひと拭きすると長い時間臭い菌の繁殖を抑えたりすることもできますね。

 

 

まとめ

 

汗をかくことは人間の大切な機能の1つなので、汗をかかないというのは絶対無理な話です。ですが臭いを放置していると周りからの印象も落ちてしまいます。いい匂いがする人ってそれだけでも好印象ですからね。

 

汗と上手く付き合うことで臭いを抑えることは可能なので、以上の方法を参考にして役立てて見てください。